« CONTAX Distagon 15/3.5 AE-G | メイン | CONTAX Planar 85/1.4 MM-J »

2010年10月18日 (月)

Leica DR-Summicron M 50/2

 通称メガネと称される近接撮影用のアタッチメントを備え、ライカならではの外観と機能美を持ったレンズです。

 本来接写を苦手とするレンジファインダーカメラですが、このレンズは近接専用のアタッチメントによって、その弱点を巧みに克服し、約50センチという一眼レフ用標準レンズ並の近接撮影を可能としています。しかも、その近接アタッチメントの脱着は「誤装着」と「誤使用」を避ける巧みな連動機構を持ち合わせ、その描写力以外にも及ぶライカレンズの魅力が所有欲をかき立てます。

 アタッチメントとの整合性から、製造されたSummicronのうち、特に焦点距離に関しての厳密な検査がされていることから「特に優れたSummiron」であるとの噂がまことしやかに巷に溢れていますが、その真意はいかなる物でしょうか?しかし、御多分に漏れずその描写性能の高さは、ライカレンズならではの独特な空気間、緻密な立体感描写に非常に良く現れ、その発表年代を考えると、近年までのレンズ進歩の歴史に少々の疑念を抱くほどであります。

Img0008

Img0005

Img0011

Img0026

Img0010

Img0009

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/457783/25259515

Leica DR-Summicron M 50/2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿